KoReKuRai
英語/転職海外/国内旅行健康MENU

屋久島安房川でカヤック体験。上流は水が綺麗すぎ!当日の乗り場と駐車場はどこ?

clock
twitter
facebook
googleplus
line
line
line
traveljapan

屋久島の安房川でリバーカヤックを体験してきました。半日で短い時間の体験でしたが、体力的に丁度良かったです。

あと、感動的だったのが、水の透明度!水面が腰の位置位でも、川底がハッキリ見えるくらい透き通っていました。

今回は、リバーカヤックの体験談(料金、時間、服装)と、カヤック乗り場の駐車場の場所が分かりづらかったので、乗り場までの行き方を紹介します。

 

スポンサーリンク

MOST VIEWED

予約

traveljapan

安房川近くにある屋久島観光協会 安房案内所でリバーカヤックツアーの電話番号を入手しました。色んなツアーがあるので結構迷います。

半日(約3時間)で最も安いやつを選びました。一人6000円でした。平均は一人7000円からです。

リバーカヤックは前日までの予約が必須です。17時以降だと電話が殆ど繋がらないので、前日予約なら夕方前までに連絡を取ったほうが良いです。

 

PICK UP

 

安房川カヤック乗り場までの行き方

traveljapan

個人的にとても分かりづらい場所にありました。場所はここ

安房川にかかる大きい橋(安房橋)の隣に小さい赤い橋(まんてん橋)があるので、そこを渡る必要があります。

宮之浦港から安房港に向かって移動しているなら、安房橋が見えたらその橋を渡らずに、橋の手前の道路を右折すれば、左側に小さめの橋が見えてくるので、その橋を渡ります。橋の向こう岸に屋久島山荘のホテルが見えるはずです。

 

駐車場の場所

traveljapan

安房川カヤック乗り場の駐車場はそんなに広くなく、乗り場近くのかなり狭い道路を下って行きます。コンパクトカーで道路幅ギリギリでした。

 

脱衣所

駐車場近くに木造の脱衣所が2ヵ所あって、そこで着替えました。結構濡れるので水着を持参したほうが良いです。

ツアー会社によってラッシュガード(見ずに濡れても良い全身黒服のやつ)やカヤックシューズを貸してくれるところもあるみたいなので、事前に電話で確認したほう良いです。 私の時はカヤックシューズは貸してくれました。

 

カメラ

traveljapan

カメラで景色を取りたいなら防水バックを持参する必要があります。これもまたツアー会社によってバックを貸してくれたり、貸してくれなかったりすると思います。

 カヤックに座る際、足や太ももがむき出しのタイプのカヤックだと足元がかなり濡れるので、カメラの置き場所に注意が必要です。足や太ももが隠れるタイプのカヤックは濡れにくいので、カメラは濡れにくいはずです。

今回は濡れやすいタイプのカヤックだったので、一眼レフはお留守番。スマホを防水袋に入れたまま写真を撮りました。

 

初心者のカヤック転覆率

当日のガイドさんのお話しでは、水に落ちてしまう方もいらっしゃるそうです。私はカヤックかなり初心者ですが、今のところ運良く転覆はしてません。

カヤックの上に立とうとしたり、体勢を整えようとするタイミングで水に落下するケースが多いそうなので、無理せず常に座っている状態をキープできれば落ちる心配はないと思います。

 

安房川上流まで

traveljapan

安房川のカヤック乗り場からスタートです。場所によっては水深が浅いところもあるので乗り上げないように注意します。

パドルを漕いでいくと、段々景色が町から緑へ変わっていきます。

traveljapan

途中発電所の水流が勢い良く流れているので、ガイドさんの後を追いながら進みます。 上流を進むと大きな橋が見えてくるので、下をくぐっていきます。結構高い位置に橋がかかってるんですね。

traveljapan

カヤック1つ分の広さしかない小さい青の洞窟みたいなところもあって、すっぽり中まで入れます。忘れずに立ち寄りましょう。

 カヤックで行けるところはここまでです。ここの水の透明度はかなり高いです。

traveljapan

スマホを防水ケースに入れての撮影なので画像が悪いですが、水に腰まで浸かっているのに、足元が良く見えます。

traveljapan

水は冷たかったですが、とても気持ちが良かったです。

traveljapan

 

さいごに

traveljapan

屋久島観光最終日に行ったので、午前中の半日が時間的に丁度良かったです。 体力的にも半日くらいがそれほど疲れないかもしれません。

それにしても、水の透明度が凄かったです。綺麗な水でカヤック、また行きたいです。

 

スポンサーリンク

関連記事


twitter
facebook
googleplus
line
line
line
上へ
スポンサーリンク

月間ランキング



上へ
こんな記事も読まれてます。

TRAVEL JAPAN
国内旅行 記事一覧

屋久島の雨の日の空気ががおいしい伊豆下田の海はとてもきれいでした富士山の頂上でご来光スマホで見れる京都の観光マップです京都 紅葉とライトアップスマホで見れる富士山周辺観光マップ北海道の知床の絶景

TRAVEL ABROAD
海外旅行 記事一覧

インドのバンガロールに出張した時、タクシーで牛と併走しましたスペインのラマンチャで見る風車がデカかったアメリカからバスでカナダのナイアガラの滝で虹が見れて感動しました!深夜のNYタイムズスクエア香港の夜景は船からアメリカのレンタカー代でいくら?グランドキャニオンまでドライブ

JOBS
お仕事 記事一覧

外資系企業に転職するエンジニアの苦悩TOEICの点数 重要だよね外資系企業 面接対等
上へ

CATEGORY
カテゴリ

PROFILE
プロフィール

これくらいブログKoReKuRaiです。神奈川県在住。外資系IT業界でお仕事続けて12年。現在、3歳児の子育てに奮闘中です。ビジネス英会話、転職、出張、旅行記や子育て、サイト作成やコーディングに色々役立つと思うブログを書き足していきます。拙い文章ですがよろしくお願いします。メールはこちらまでお願いします。

Copyright 2017 KoReKuRai All Rights Reserved.