【試乗レポート】トヨタ タンクとルーミーの乗り心地。軽自動車との違いは? これくらいブログ
KoReKuRai
   英語/転職   海外/国内旅行   健康    ☰ MENU

【試乗レポート】トヨタ タンクとルーミーの乗り心地。軽自動車との違いは?

cars

車高が高くて運転しやすく、自動サイドドアで子供が出入りしやすい車を探していて発見したのがトヨタのタンク/ルーミー。 軽自動車の排気量は660ccに対しタンク/ルーミーは1000ccの普通車。軽自動車より広くて、走る力が強いのではないか。

お台場のメガワンで試乗体験できると知って、早速タンク/ルーミーに乗ってみました。タンク/ルーミーに試乗した時の感想を軽自動車のN-BOXと比較して紹介します。

 

スポンサーリンク

📄 MOST VIEWED

乗り心地

cars

まずは私が運転して、後部座席に妻と3歳の息子を乗せて試乗しました。走行はとてもスムーズで車高が高く、視界が広く運転しやすかったです。

今度は妻が運転して、私が後部座席に乗りましたが、乗り心地は悪くなかったです。広くゆったりできました。息子も普通に大人しくしてました。

因みに、タンク/ルーミーは軽自動車ではないので、後部座席に頑張れば3人乗れるそうですが、リアシートに3人は少しキツイかなと思いました。

 

✅ PICK UP

 

車の広さ

タンク/ルーミーの室内幅は1480mm、軽自動車のN-BOXの室内幅は1350mmなので、130mmも幅が広いです。 実際にタンク/ルーミーに乗ってみてN-BOXと比較してみると若干横幅の広さを感じます。

妻は軽自動車を試乗した後だったので、タンク/ルーミーの横幅がN-BOXより大きかったので運転に不安を感じましたが、実際タンク/ルーミーを運転してみたら、特にその横幅の違いを意識することなく運転できました。

cars

この広さの良いところは、運転席から後部座席へ移動できるウォークスルーがあるところです。軽自動車は運転席と助手席の間に余裕が無いので、このようなウォークスルーが難しいです。

雨の日とか外に出ないで濡れずに後部座席から助手席や運転席に移動できるのは非常に便利だと思いました。

cars

タンク/ルーミーの室内高は1355mmで、N-BOXは1400mmなので、高さはN-BOXのほうが45mm高いです。あまり違いは感じませんでした。

室内長はタンク/ルーミーとN-BOXどちらも2180mmです。 後部座席は下から上に引っ張る遮光カーテン付きで、運転席と助手席の後ろには折り畳み式カップホルダーが付いてます。

 

発進時の加速

cars

試乗コースでは赤信号で停止する箇所があり、青信号の時にどれくらい勢いよく加速できるか試してみたら、ノンターボ車のためか若干加速が多い感じがしました。ターボはスムーズに加速するみたいですが、ターボにすると燃費が悪くなるとのこと。

車の重さは1トン以上に加え、エンジンは軽自動車と同じ3気筒なので加速が弱いのかもしれません。 加速時のエンジン音は少しうるさいですが気になるほどではなかったです。

N-BOXのノンターボも発進時の加速はそんなに早くないですが、N-BOXのほうが加速具合が良い感じがしました。

 

ハンドル

cars

試乗コース半ばに、左右にハンドルを切って蛇行するエリアがありました。40km位のスピードを保ちながらハンドルを切ってみたら、少し傾きを感じつつも、安定して走行できました。

普通車に比べたら少し傾きが大きい気がしましたが、それほど気になる揺れでは無かったです。車高が高いのに安定してます。 妻もタンク/ルーミーを運転して、視界が良く、ハンドルが軽くて運転しやすかったそうです。軽自動車の運転と変わりない印象でした。

 

凸凹道

cars

デコボコしている道を走ってみたところ、結構揺れました。タンク/ルーミーを乗る前にエスティマに試乗したのですが、やはり揺れ具合はかなり違います。

同じデコボコ道を走行した時、エスティマは殆ど揺れなかったのに対し、タンク/ルーミーは揺れからくる衝撃がお尻に伝わりました。そんなにスピード出してないのに。 運転席より後部座席のほうが揺れを強く感じました。でも、個人的にはそこまで気になる程じゃなかったです。

因みにタイヤの大きさは14インチでN-BOX等の軽自動車と同じくらいの大きさです。

トヨタのディーラー店で聞いたところ、15インチにインチアップできますが、デコボコ道でより振動を強く感じてしまう可能性があるそうです。 確かに、タイヤを15インチにインチアップした軽自動車を試乗した時は乗り心地が良くなかったです。

 

金額

1番安いグレードはXで約146万円から。両側パワースライドドアにするなら約162万円からのグレートGにする必要があります。 さらにナビやドライブレコーダー、アルミホイールタイヤ、税金や諸経費を入れるとすぐに200万円を超えてしまいます。

最近の軽自動車もオプションの装備を付ける200万円をあっという間に超えるので、値段の相場は軽自動車と同じくらいですかね。 因みに、タンク/ルーミーの自動車税は軽自動車の約3倍です。

 

実燃費

cars

カタログ燃費は22.0~24.6km/Lですが、実燃費は街乗りで14.0km/L位だそうです。私が試乗した時は実燃費よりもっと低かったですが、それは走行距離が少ないのと試乗コースの関係上、停車回数が多かったのが原因と思います。

私がN-BOXのノンターボを街で試乗した時の燃費は16.0km/L位でした。エアコンの使用状況や乗車人数、停車回数によっても燃費は変わるのでなんとも言えませんが、軽自動車のほうが若干燃費が良さそうです。

 

納車まで長かった

cars

昨年の話しですが、タンク/ルーミーは人気があり過ぎて納車が3か月半待ちと言われて諦めました。ディーラーの話しによると、ダイハツの工場で生産しているので、納車時期はそこの生産状況次第だそうです。タンク/ルーミーはダイハツが開発したトールがベースになっています。

結局そんなに待てませんでした。納車1か月くらいだったらタントを購入してたかもしれません。

軽自動車より少し大きい普通車に乗りたい人にはタンク/ルーミーが良いと思います。

 

スポンサーリンク

📄 関連記事


🔝上へ
スポンサーリンク

📄 月間ランキング



🔝上へ
こんな記事も読まれてます。

TRAVEL JAPAN
国内旅行 記事一覧

屋久島雨の日の空気伊豆下田のきれいな海富士山の頂上ってどんなとこ?京都観光マップ京都 紅葉とライトアップ富士山周辺観光マップ北海道の知床の絶景箱根駒ケ岳で見る富士山

TRAVEL ABROAD
海外旅行 記事一覧

インド出張 タクシーで牛と遭遇スペインで風車を見たナイアガラの滝の虹が凄い深夜のNYタイムズスクエア香港の夜景は船からアメリカのレンタカー代でいくら?グランドキャニオンまでドライブシドニーの世界遺産
🔝上へ

CATEGORY
カテゴリ

📂ビジネス:外資系企業の転職,英語,面接,働き方

📂国内旅行:北海道,屋久島

📂旅行,出張:スペイン,インド,台湾.飛行機対策

📂健康:風邪予防,食,メンタル

📂子育て:英語,育て方,旅行

📂PC関連:エンジニアの苦悩,効率化,Windowsのトラブル対応

📂海外ドラマ:海外ドラマ・映画のレビューと感想

📂車関連:海外のレンタカー,試乗レポート,軽自動車,等々

PROFILE
プロフィール

これくらいブログKoReKuRaiです。神奈川県在住。外資系IT業界でお仕事続けて12年。現在、3歳児の子育てに奮闘中です。ビジネス英会話、転職、出張、旅行記や子育て、サイト作成やコーディングに色々役立つと思うブログを書き足していきます。拙い文章ですがよろしくお願いします。メールはこちらまでお願いします。

Copyright 2017 KoReKuRai All Rights Reserved.