KoReKuRai
英語/転職海外/国内旅行健康MENU

横浜ランドマークタワーの夜景撮影で反射の映りこみを防ぐ方法。スカイガーデンにて

clock
twitter
facebook
googleplus
line
line
line
traveljapan

横浜のランドマークタワーの高さは296mで日本で2番目に高いビルです。 そのビルの69階(277m)にある展望フロアのスカイガーデンへ、夕方の時間帯に行ってきました。

肉眼で眺める景色はとても壮大で眼下に広がる無数のライトが眩しいです。 これは是非写真に収めなければと、一眼レフで撮影してみたら窓ガラスに色んなものが反射していて、とても残念。

反射を防ぐ特殊な機材も無く、何とか反射の映りこみを無くして撮影できないか、色々試してみました。 夕景の写真と共に紹介します。

 

スポンサーリンク

MOST VIEWED

スカイガーデンの夕陽

スカイガーデンは夕方に行ったので丁度、日が沈もうとしている時でした。 日が沈む側は海側とは反対の街側です。スカイカフェがある側で夕陽が見れました。

着いた時はもう既に沢山人がいて、スカイカフェの窓際の席は全席埋まっていました(その内3席位は時間指定の予約席でした)。

席だけでなく、撮影の為に来られた方々が三脚を構えていました。本格的です。きっとここで良い景色が撮れるに違いない。

traveljapan

撮影できるスペースが空いたので早速撮ってみましたが、非常口のライトが窓ガラスに反射して、その光が写真に映りこんでしまう。窓ガラスとの距離が遠いのかなと思い窓ガラスにレンズを近づけて撮影。そしたら映り込みが少なくなった感じがしました。

でも、今度は撮影する角度を変えたい。少しレンズを傾けて撮影すると、やはり反射が映り込んでしまう。 うーん、どうしよう。

撮影するのを一旦中止して、夕焼けをボーっと眺めてたら隣に他の撮影者がジャケットを頭に被って撮影してました。おー、確かにそうすれば反射の映り込みが防げるかもと、試してみました。 実際撮影してみた写真がこちら。

traveljapan

反射はある程度防げてますが、全ては無理のようです。個人的にはこれで十分ですが。

もし完全に防ぎたい時はレンズスカートという機材があると映り込みを防止できるみたいで、他の撮影者さんが使ってました。

調べてみたらレンズスカートは1つ1万円近くするみたいで結構お値段高め。あと、PLフィルターフィルターをレンズに付けて改善できます。色んな機材があるんですね。

 

PICK UP

 

スカイガーデンの夜景

夕陽お目当てのお客さんが多かった為か、太陽が沈んだら席が空きました。ドリンク頼んで夜景を楽しみます。

夕焼けの後も景色はとても良いです。街の明かりと遠くに光るオレンジの空と富士山。とても壮大です。

traveljapan

席に座ってると写真が撮りやすかったです。ドリンクを飲んでは写真を撮って、まったりしての連続でした。 夕方から夜に変わるこの時間は、景色が常に変化していくので、眺めていてとても楽しいです。

traveljapan

もう完全に日が沈み空が暗くなると、街の明かりの輝きが増します。この夜景も良いんですが、やっぱり夕景がベストです。 空の明るさと街のライトアップを両方楽しめるこの瞬間は貴重だと思います。

traveljapan

因みにこの写真はベイサイド側。エレベーター付近の為、反射する光が多く、完全に光をカットするのがとても難しいです。

できるだけレンズを窓ガラスと同じ角度で水平に保ち、カメラにジャケットを被せて撮影してみました。

traveljapan

 

ドッグヤードガーデン

展望からの眺めを堪能したら、今度は予約していたドッグヤードガーデンのプロジェクションマッピングを見に行きました。

ドッグヤードガーデンは過去に造船所のドッグとして使用されていて、現在は国重要文化財に指定されています。 180度プロジェクションマッピングが体験できる観光スポットとして有名です。

因みに、横浜ロイヤルパークホテル3Fの入口の外にドッグヤードガーデンのプロジェクションマッピングの整理券が入手できます。 この整理券の優待サービス(当日発行のみ有効)で横浜ランドマークタワーの展望フロア入場券が1000円から700円に割引されてお得でした。上映スケジュールはこちら。。

traveljapan

入口が少し分かりづらいです。展望フロアから3階まで降りて、建物内のドッグヤードの標識を辿っていくと地下B1まで降りるエレベーターがあります。 ドッグヤードガーデンの受付入口に行くには1階で降りて建物の外に出ると受付が見えます。地下からは入れないのでご注意を。

混雑具合は平日なのでこの空き様。上映時間は10分位でしたが、とても楽しかったです。

traveljapan

横浜の過去と未来にタイムスリップした感じです。

 

さいごに

展望フロアで夜景を撮影する際は、レンズを窓ガラスにできるだけ水平に近づけ、ジャケットを被って光を遮断する方法が最もお手軽かもしれません。

レンズスカートやPLフィルターを購入すればその手間を省けますが、気軽に撮影をするならジャケットだけで良いかな。

 

スポンサーリンク

関連記事


twitter
facebook
googleplus
line
line
line
上へ
スポンサーリンク

月間ランキング



上へ
こんな記事も読まれてます。

TRAVEL JAPAN
国内旅行 記事一覧

屋久島の雨の日の空気ががおいしい伊豆下田の海はとてもきれいでした富士山の頂上でご来光スマホで見れる京都の観光マップです京都 紅葉とライトアップスマホで見れる富士山周辺観光マップ北海道の知床の絶景

TRAVEL ABROAD
海外旅行 記事一覧

インドのバンガロールに出張した時、タクシーで牛と併走しましたスペインのラマンチャで見る風車がデカかったアメリカからバスでカナダのナイアガラの滝で虹が見れて感動しました!深夜のNYタイムズスクエア香港の夜景は船からアメリカのレンタカー代でいくら?グランドキャニオンまでドライブ

JOBS
お仕事 記事一覧

外資系企業に転職するエンジニアの苦悩TOEICの点数 重要だよね外資系企業 面接対等
上へ

CATEGORY
カテゴリ

PROFILE
プロフィール

これくらいブログKoReKuRaiです。神奈川県在住。外資系IT業界でお仕事続けて12年。現在、3歳児の子育てに奮闘中です。ビジネス英会話、転職、出張、旅行記や子育て、サイト作成やコーディングに色々役立つと思うブログを書き足していきます。拙い文章ですがよろしくお願いします。メールはこちらまでお願いします。

Copyright 2017 KoReKuRai All Rights Reserved.