KoReKuRai
英語/転職海外/国内旅行健康MENU

写真で見る金閣寺と銀閣寺の共通点と違い。京都おすすめ観光。

clock
twitter
facebook
googleplus
line
line
line
traveljapan

折角京都に観光に来たんだから有名な金閣寺と銀閣寺を両方観光したい、と思って調べたら意外と距離がありました。

金閣寺と銀閣寺、どっちかだけ観光するなら、そのお寺の周辺にある観光スポットの良さで決めようと思いました。

 

スポンサーリンク

MOST VIEWED

アクセス

traveljapan

交通事情により変わりますが、どちらも40~50分くらいかかります。

 

電車とバスを乗り継ぐ場合、

結局どちらもバスを使ったほうが良いですね。

 

金閣寺から銀閣寺に行く場合、

金閣寺道(金閣寺入口の交差点)のバス停から 204系統の市バスで約50分、 103系統で約40分位です。

 

PICK UP

 

金閣寺と銀閣寺

参道

歩きやすさは金閣寺。銀閣寺の参道は狭いところが多いので、混雑時は少し窮屈になります。

でも、金閣寺の方が圧倒的に混んでいる感じがしました。常に観光客の列が絶えず動き回ってました。 銀閣寺も混雑はありましたが、金閣寺の比じゃありません。

traveljapan

歴史

金閣寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)、銀閣寺は慈照寺(じしょうじ)。どちらも1994年に世界文化遺産に登録されています。

金閣寺の今の姿は1955年に再建されたもので、比較的新しい。銀閣寺は本堂が寛永年間(1624~1645年の間)に再建されたといわれているので銀閣寺のほうが建物が古いですね。

traveljapan

金箔と銀箔

金閣寺の金箔は「五倍箔」と呼ばれ通常より5倍の厚さがある金箔が使われていますが、銀閣寺には銀箔ではなく黒い漆が塗ってあるだけです。

色々諸説はありますが、銀閣寺は銀箔を塗るための予算が無かった為、現在の黒い姿のままとなったそうです。

traveljapan

池と庭園

金閣寺には鏡湖池(きょうこち)、銀閣寺には錦鏡池(きんきょうち)。どちらも目の前に池がありますが、大きさは金閣寺の方が大きいです。

庭園はどちらも池泉回遊式の庭園です。

traveljapan

金閣寺は鏡湖池(きょうこち)の他に睡蓮の葉が咲く綺麗な池もあります。

traveljapan

展望台

どちらも山道がありますが、銀閣寺は左京を一望できる展望台があります。展望は銀閣寺の方が良いです。

traveljapan

周辺には何があるの?

 

info京都のおすすめ観光スポットを紹介した京都観光マップがこのブログ内にあるので、よかったら見てください。

紅葉とライトアップ

金閣寺は紅葉の名所として有名だけでなく、夜ライトアップされている時は綺麗です。

銀閣寺はライトアップされませんが、紅葉もきれいですし、何より人混みが金閣寺に比べれば少ないです。

traveljapan

 

結局どっちがおすすめ?

京都に一回も訪れたこと無い方は金閣寺。ゆっくり景色を楽しみたいなら銀閣寺の方が良いかな。 特に銀閣寺の周辺にある南禅寺は見ごたえあるので、こちらもおすすめです。

traveljapan

 

スポンサーリンク

関連記事


twitter
facebook
googleplus
line
line
line
上へ
スポンサーリンク

月間ランキング



上へ
こんな記事も読まれてます。

TRAVEL JAPAN
国内旅行 記事一覧

屋久島の雨の日の空気ががおいしい伊豆下田の海はとてもきれいでした富士山の頂上でご来光スマホで見れる京都の観光マップです京都 紅葉とライトアップスマホで見れる富士山周辺観光マップ北海道の知床の絶景

TRAVEL ABROAD
海外旅行 記事一覧

インドのバンガロールに出張した時、タクシーで牛と併走しましたスペインのラマンチャで見る風車がデカかったアメリカからバスでカナダのナイアガラの滝で虹が見れて感動しました!深夜のNYタイムズスクエア香港の夜景は船からアメリカのレンタカー代でいくら?グランドキャニオンまでドライブ

JOBS
お仕事 記事一覧

外資系企業に転職するエンジニアの苦悩TOEICの点数 重要だよね外資系企業 面接対等
上へ

CATEGORY
カテゴリ

PROFILE
プロフィール

これくらいブログKoReKuRaiです。神奈川県在住。外資系IT業界でお仕事続けて12年。現在、3歳児の子育てに奮闘中です。ビジネス英会話、転職、出張、旅行記や子育て、サイト作成やコーディングに色々役立つと思うブログを書き足していきます。拙い文章ですがよろしくお願いします。メールはこちらまでお願いします。

Copyright 2017 KoReKuRai All Rights Reserved.