【注意】玩具で遊ぶ4歳児を膝の上に乗せるとかなり危険だった! これくらいブログ
KoReKuRai
   英語/転職   海外/国内旅行   健康    ☰ MENU

【注意】玩具で遊ぶ4歳児を膝の上に乗せるとかなり危険だった!

kosodate

ある出来事をきっかけに、子供を膝の上に乗せて一緒におもちゃで遊ぶ時、注意を払うようになりました。 子どもの動作は予測不可能。改めてそう思いました。

やられたのは私ではなく妻だったのですが、その出来事を目の当たりにして、恐怖を感じました。

その恐怖について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

📄 MOST VIEWED

ロケットに注意

時期はクリスマス。我が家の4歳児はプラスチックでできてる小型のクリスマスツリー(LEDで光るやつ)に細かい装飾品を付けて遊んでいました。

妻の膝の上で大人しく遊んでいて、私はソファーの上でまったりしてました。以下のような感じで楽しんでました。

kosodate

息子はクリスマスツリーのデコレーションを全て付け終えて満足そうにしてました。

そしたら飽きたのか、クリスマスツリーを床において何かガタガタ動かしてました。この時、もう少し警戒すべきだったと反省してます。

kosodate

その後、何を思ったのか息子は両手に持ったクリスマスツリーを思いっきり上に振りかぶりました

先端の尖ったクリスマスツリーが妻の顔に直撃!妻がギャーと悲鳴!私は最初何が起こったのか全く分かりませんでした。

kosodate

妻が目の近くを手で抑えていたので、やばい目に入ったのかと、心配になりました。

痛みに悶える妻の顔を確認したら目と眉間の近くに赤い点が出来ていて痛そう。 不幸中の幸い、クリスマスツリーの先端は目を直撃することはありませんでした。

とはいえ、もう少し右に逸れていたら確実に妻の目はやられてました。怖い。怖すぎる。

理由は?

息子に何でそんなことをしたのか聞いたら、ロケットがビューンだそうです。

意味が分かりませんが、クリスマスツリーをロケットに見立てて遊んでいたのでしょう。しかし、このいきなりの予測不能の行動は恐ろしいです。

 

✅ PICK UP

 

尖ったおもちゃは危険

kosodate

尖ったものを子供に与えないように十分に気を付けてましたが、小型クリスマスツリーは盲点でした。まさかクリスマスツリーを攻撃の道具として使われるとは思いもしませんでした。

この件以来、息子を膝抱っこする時は遊んでるおもちゃに警戒をしつつ、自分の顔を少し後ろに反らすようにしてます。

何が飛んでくるか分かりません。

あと、先端が尖ったおもちゃが無いか、おもちゃ箱にあるものを全て見直しました。特にロケットのような形状のおもちゃが無いか注意しました。

先端が鋭いだけでなく、紙の厚さ位のプラスチックボードも危険と感じました。結構鋭いので、ボードを振り回されたときに目に入ったら大変です。

 

現在は

今のところ息子は膝の上でロケット遊びはしていませんが、多分今はもうそんな出来事があったこと忘れてると思います。親が注意し続けないといけないですね。

お家に尖ったおもちゃはありませんか。あったら気を付けてくださいね。

 

スポンサーリンク

📄 関連記事


🔝上へ
スポンサーリンク

📄 月間ランキング



🔝上へ
こんな記事も読まれてます。

TRAVEL JAPAN
国内旅行 記事一覧

屋久島雨の日の空気伊豆下田のきれいな海富士山の頂上ってどんなとこ?京都観光マップ京都 紅葉とライトアップ富士山周辺観光マップ北海道の知床の絶景箱根駒ケ岳で見る富士山

TRAVEL ABROAD
海外旅行 記事一覧

インド出張 タクシーで牛と遭遇スペインで風車を見たナイアガラの滝の虹が凄い深夜のNYタイムズスクエア香港の夜景は船からアメリカのレンタカー代でいくら?グランドキャニオンまでドライブシドニーの世界遺産
🔝上へ

CATEGORY
カテゴリ

📂ビジネス:外資系企業の転職,英語,面接,働き方

📂国内旅行:北海道,屋久島

📂旅行,出張:スペイン,インド,台湾.飛行機対策

📂健康:風邪予防,食,メンタル

📂子育て:英語,育て方,旅行

📂PC関連:エンジニアの苦悩,効率化,Windowsのトラブル対応

📂海外ドラマ:海外ドラマ・映画のレビューと感想

📂車関連:海外のレンタカー,試乗レポート,軽自動車,等々

PROFILE
プロフィール

これくらいブログKoReKuRaiです。神奈川県在住。外資系IT業界でお仕事続けて12年。現在、3歳児の子育てに奮闘中です。ビジネス英会話、転職、出張、旅行記や子育て、サイト作成やコーディングに色々役立つと思うブログを書き足していきます。拙い文章ですがよろしくお願いします。メールはこちらまでお願いします。

Copyright 2017 KoReKuRai All Rights Reserved.