こどものご飯の食べ残し 勿体ないと思い無理に食べると危険! これくらいブログ
KoReKuRai
   英語/転職   海外/国内旅行   健康    ☰ MENU

こどものご飯の食べ残し 勿体ないと思い無理に食べると危険!

kosodate

レストランで折角食事を頼んだのに、子供は1口2口食べて終わり。海苔ご飯が良いとわがままを言い出す始末。 頼んだ食事を無駄にするわけにもいかないので、殆ど手を付けてない品を食べ始めます。自分の頼んだ食事を食べた後に。

家でも同じ。自分の好きなものだけ食べて嫌いなものは残す。そしてその残りをもったいないと思い食べる私。

そんな事を続けていたある日、私の胃袋に異変が起こりました。食事をしていないのによくゲップが出るようになって、少し吐き気と口の中に唾が沢山出てすっぱい感じがするようになりました。

そうです。無理に食べ過ぎたのです。その結果どのようになったのか紹介します。

 

スポンサーリンク

📄 MOST VIEWED

食べ過ぎた結果

kosodate

逆流性食道炎になってしまいました。若いころは沢山食べても胃の調子は快調だったので、その調子でご飯を大量に食べてしまったのです。年を取り始めてから胃の元気は徐々に無くなり、沢山食べれないのに。

それなのに、子供の残した食事を無理に食べ続けた上、子供の相手をしないといけないから早く食べてしまい、せっかく頼んだのに何故残すんだと怒りの感情がストレスとなって、胃に追い打ちをかけました。

病院で診察してもらったら逆流性食道炎でした。

これだけが原因で病気になったわけではないですが、大きく貢献したことには間違いないです。病院では食べ過ぎないでストレスを溜めないように指導を受けましたが、そんなの無理と思いつつ、どうすれば良いのか悩んでました。

 

✅ PICK UP

 

食事を分ける

kosodate

1番簡単な方法として、子供の食事を頼まないで、自分の食事を子供に分けるようにしました。

例えば、うちの息子は蕎麦が好きなので、私は蕎麦の大盛りと子供用の小皿を頼んで、子供と食事を分けるようにしました。 そしたら、私も少ない量でご飯が済み、何より食事を残すことによるストレスが無くなります。

ただ、そうなると子供が食べれるものに選択肢が絞られてしまうので、自分の好きなものが食べられないが、もう仕方がありません。外食の際は子供に合わせるしかないのです。

 

家で食事を残す場合

kosodate

子供が家で食事を残す場合は、諦めて残した食事を捨てる勇気を持ちます。その食事を作る労力や食材を購入するお金と時間を考えると本当に勿体ないですが、それを考え始めると多大なるストレスとなるので、もう仕方が無いと思うことにしました。

まだ食べれるご飯をゴミに捨てる時が一番つらいですが、考え方を切り替えないと余計イライラしてしまいます。

 

子供の「食べれる」発言を信用しない

kosodate

いつも騙されてしまうパターンとして、例えば私が「エビの天ぷら全部食べる?」と息子に聞くと「全部食べる」と答えます。1人前の写真を見てこれくらいの量なら食べれるかなと勝手に予想してしまう。で、結局1口食べてお終い。

騙されてしまう私が1番情けないですが、ちょっと前にこれくらいの量は食べれてたので大丈夫かなと思ってしまいます。それで毎回同じ過ちを繰り返してしまうのです。

最近は、出来るだけ少量単品のものを提供している飲食店を狙って食事するように心掛けています。

単品で小ライスを注文してふりかけご飯や海苔ご飯にすれば、子供も食べるし、少額で済むだけでなく残す心配もありません。

 

残しても怒らない

kosodate

子供は胃袋が小さいので残してしまうのだな、と勝手に思ってたのですが、実はその考えが当てはまらない時があると思いました。

以前、息子にお子様ランチを注文して、息子がランチを1口食べたら「もういらない」というセリフが返ってきた時、ムカッときました。 仕方なく、お子様ランチのハンバーグを口にしてみたところ、息子がいらないと言った理由が分かりました。確かにこれは食べれない。

全てのファミレスや飲食店のお子様ランチが該当しませんが、私が食べたお子様ランチは不味かったです。ハンバーグの食感がまるで紙。 色んなファミレスに行ってますが、確認した限り3つのチェーン店では、お子様ランチは美味しくなかったです。

フライドポテトや最初からパッケージされていたジュースやゼリーの類は味が大丈夫でしたが、調理されたものについては少し味が微妙なものが多い印象でした。

なので、もしお子さんがお子様ランチを食べない場合は責めないで、まずは自分で食べてみてください。食べたくない理由がわかるかもしれません。

 

さいごに

kosodate

お子様ランチのことを考慮に入れると、外食する時は大人のメニューの食事を子供に分け与えるのが無難なのかなと勝手に思っています。 私の胃にも優しい選択だと感じてます。

今は1人前の食事を食べれるほどに成長してくれたので、それほど残す心配は無くなりました。その分食費がかさむのは痛い出費ですが、食べてくれるだけましですよね。

 

スポンサーリンク

📄 関連記事


🔝上へ
スポンサーリンク

📄 月間ランキング



🔝上へ
こんな記事も読まれてます。

TRAVEL JAPAN
国内旅行 記事一覧

屋久島雨の日の空気伊豆下田のきれいな海富士山の頂上ってどんなとこ?京都観光マップ京都 紅葉とライトアップ富士山周辺観光マップ北海道の知床の絶景箱根駒ケ岳で見る富士山

TRAVEL ABROAD
海外旅行 記事一覧

インド出張 タクシーで牛と遭遇スペインで風車を見たナイアガラの滝の虹が凄い深夜のNYタイムズスクエア香港の夜景は船からアメリカのレンタカー代でいくら?グランドキャニオンまでドライブシドニーの世界遺産
🔝上へ

CATEGORY
カテゴリ

📂ビジネス:外資系企業の転職,英語,面接,働き方

📂国内旅行:北海道,屋久島

📂旅行,出張:スペイン,インド,台湾.飛行機対策

📂健康:風邪予防,食,メンタル

📂子育て:英語,育て方,旅行

📂PC関連:エンジニアの苦悩,効率化,Windowsのトラブル対応

📂海外ドラマ:海外ドラマ・映画のレビューと感想

📂車関連:海外のレンタカー,試乗レポート,軽自動車,等々

PROFILE
プロフィール

これくらいブログKoReKuRaiです。神奈川県在住。外資系IT業界でお仕事続けて12年。現在、3歳児の子育てに奮闘中です。ビジネス英会話、転職、出張、旅行記や子育て、サイト作成やコーディングに色々役立つと思うブログを書き足していきます。拙い文章ですがよろしくお願いします。メールはこちらまでお願いします。

Copyright 2017 KoReKuRai All Rights Reserved.