KoReKuRai
英語/転職海外/国内旅行健康MENU

子供が怪我させられた。治療費の請求や警察に行く前にやるべきこと

clock
twitter
facebook
googleplus
line
line
line
kosodate

先日、公園に行ったら小学校低学年位の子が、うちの4歳になる子供にぶつかってきました。 目の近くにぶつかったらしく、転んでも泣かない我が子がギャン泣きしたので相当痛かったんだと思います。

そのぶつかってきた子と近くにいた両親は、黙ってこちらの様子を少し窺った後、一緒に知らん顔して別の場所に向いました。

どこか大きな怪我をしていないか必死で我が子の顔を確認していたら数分後、ぶつかってきた子の母親らしき人物が現場に戻ってきました。 何を言うのかなと思いきや、

うちの子は何もしてないよ。あんたが見てないからいけないんだからね!

と大声で叫んだらその場をそそくさと立ち去りました。

kosodate

こんな感じで物陰から様子を窺った後に叫びました。

私は、唖然としつつ、それよりも泣いている我が子の様子が気がかりで、その人達への対処は何もできませんでした。 我が子が大丈夫そうだったのを確認したので、これからどうしようか、と悩みました。

 

スポンサーリンク

MOST VIEWED

民事不介入

kosodate

警察に相談しようと悩みましたが、調べたら物的証拠が無い限り、民事不介入なんだそうです。 つまり、通院を伴う目に見える傷が無いと被害届も受理される可能性がかなり低いのです。

さらに、ぶつけられた時や母親らしき人物の発言の録画・録音も無いので、何も証拠がありません。 不注意か故意でぶつかってきたのか、にもよって罪状が変わってきますが、それを立証する術がありません。

幸い我が子に目立った傷も無く、数分後には泣き止んで元気良く走り始めたので良かったですが、結局は子供が痛い思いをしただけの泣き寝入りです。

ぶつかってきた子とその親はお咎めなしです。逃げ得ですね。どうしたらいいんだろう?

 

PICK UP

 

警戒を怠らない

kosodate

近くの公園や幼稚園では、ぶつかってきた子供が「大丈夫」と謝ってきて、近くに親がいればすぐに丁寧に謝罪をしてきます。凄い申し訳なさそうに仰るので、こちらも恐縮してしまうくらいです。

逆に我が子がぶつかっていく場合もあり、ぶつかってしまったら我が子も「ごめんなさい」とすぐに謝り、私も謝ります。

でも、今回行った公園は違いました。ぶつかった相手が泣いているのに気にしないでどこかに行くし、近くで現場を目撃している親も一旦退散した後、現場に戻ってきて自分達は悪くないと主張する。

正直に怖いと思いました。

今まで当たり前だと思っていたことが、全然当たり前では無いことに気付かされました。たまたま、私の周りには優しい人ばかりの恵まれた環境だったんですね。 その当たり前に甘んじていたことに反省して、子供と歩いている時はより周囲を警戒するべきだと思い知らされました。

それでは、何に対して警戒するべきか?

大きい子に注意するべきだと思いました。例えば身長や体格が同じ位の幼稚園児が2~3人いたとして、その群れの中に小学校低学年位の大きさの子が加わって一緒に行動してたら要注意と感じます。

必ず危ないという訳ではありませんが、私は今度からこの組み合わせを見た時は、我が子を引き止めて別の場所で遊ばせようと思います。

今まで注意はしてましたが注意が足りなかった自分が腹立たしいです。より大きな怪我をする前に警戒を怠らないようにしたいと考えてます。

 

怪我をさせられたら

kosodate

以下の事に注意するべきだと思います。

とはいえ、上記は私がどれ1つとして出来なかったことです。情けないです。 今度からちゃんとできるように備えたいと心に決めました。

 

怪我をさせてしまう側

kosodate

今回は我が子が痛い思いをした側ですが、逆に怪我を負わせてしまう側にもなる可能性だって十分にあります。 そうならない為にも、我が子より身長や体格が小さい子供には近づけないようしてます。

しかし、もし今回我が子が上記の親子の誰かにぶつかってしまっていたら、何を言われていたのだろうか、と恐ろしく感じしまう。 本当に恐怖です。

 

最後に

まずは我が子の安全を確保が大事なので無理はできませんが、子供を守る為に出来る範囲で用意をしていこうと思いました。

 

スポンサーリンク

関連記事


twitter
facebook
googleplus
line
line
line
上へ
スポンサーリンク

月間ランキング



上へ
こんな記事も読まれてます。

TRAVEL JAPAN
国内旅行 記事一覧

屋久島の雨の日の空気ががおいしい伊豆下田の海はとてもきれいでした富士山の頂上でご来光スマホで見れる京都の観光マップです京都 紅葉とライトアップスマホで見れる富士山周辺観光マップ北海道の知床の絶景

TRAVEL ABROAD
海外旅行 記事一覧

インドのバンガロールに出張した時、タクシーで牛と併走しましたスペインのラマンチャで見る風車がデカかったアメリカからバスでカナダのナイアガラの滝で虹が見れて感動しました!深夜のNYタイムズスクエア香港の夜景は船からアメリカのレンタカー代でいくら?グランドキャニオンまでドライブ

JOBS
お仕事 記事一覧

外資系企業に転職するエンジニアの苦悩TOEICの点数 重要だよね外資系企業 面接対等
上へ

CATEGORY
カテゴリ

PROFILE
プロフィール

これくらいブログKoReKuRaiです。神奈川県在住。外資系IT業界でお仕事続けて12年。現在、3歳児の子育てに奮闘中です。ビジネス英会話、転職、出張、旅行記や子育て、サイト作成やコーディングに色々役立つと思うブログを書き足していきます。拙い文章ですがよろしくお願いします。メールはこちらまでお願いします。

Copyright 2017 KoReKuRai All Rights Reserved.