2歳児 夜寝るのが遅い 夜の9時までに早く寝かす方法を実践してみた これくらいブログ
KoReKuRai
   英語/転職   海外/国内旅行   健康    ☰ MENU

2歳児 夜寝るのが遅い 夜の9時までに早く寝かす方法を実践してみた

kosodate

早く寝てほしいけど、なかなか寝てくれない。運よく寝室まで連れて行けても、すぐに寝ないでぐずる。

ここでは我が家で実践している方法を紹介します。

寝る1時間前からテレビは禁止。

さぁ寝ようって時になかなか寝ついてくれない我が子。

何が原因かなと思って調べたら、テレビのつけっぱなしが原因のようで、画面の映像や音が刺激になるらしい。

ということで、すぐに実践!寝る1時間前はテレビの主電を消してのんびりする。

すると、今まで寝るのに30分以上かかってたのが10分位になり、寝つきが良くなりました!

テレビは恐ろしいですね。

一緒に寝る場合は先に親が寝る。

当初は子供に「早く寝ろ~早く寝て~」って何度も言ってもなかなか寝てくれません。

こんな感じで、「パパ~」「起きた?~」って色々と話しかけてくる。

imgcontent

どうしたら良いかなっと思ったら考えている内に自分が先に寝てしまうこともしばしば。

翌朝妻が一言、「昨日ははやく寝付いてよかったね~」。私、「!?」

なんということでしょう。先に親が寝てるのを確認すると早く寝てくれるのです。

その日以降、一緒に寝る時は必ず私が先に寝ます(寝たふりはばれたので)。

デメリットは自分も早い時間に寝ないといけない、ということ。でも、ずっと起こしておくより早く寝てくれたほうが全然楽ですよね。

スポンサーリンク

📄 MOST VIEWED

寝る部屋は真っ暗にする

我が子より自分に効果があったと思ったのが、この方法。寝る部屋を真っ暗にするとよく眠れます。

今までは寝室は薄いカーテンをつけてたのですが、外の光が漏れて部屋が薄暗い感じでした。

電気を消して暗くしても目が慣れてくるとだんだんものが見えてきます。それは我が子も同じで、ものが見えてくるとそれで遊び始めようとします。

だったら見えなくしてしまえばいい、ということで分厚い遮光カーテンを購入

遮光カーテンをつけたら、暗闇に目が慣れても殆ど何も見えない状態を作れました。

おかげさまで、我が子の寝つきも良くなり、私も以前より早く寝に入れるようになりました。

光って恐ろしいですね。

まとめ

今のところ我が子は以下の方法で上手く寝かしつけてます。ただ、ここに辿り着くまで結構時間がかかったと思います。

というのも、このような生活リズムを続けて実践していかないと、子供もこれが当たり前なんだと思ってくれないからです。

継続って難しいですね。

スポンサーリンク

📄 関連記事


🔝上へ
スポンサーリンク

📄 月間ランキング



🔝上へ
こんな記事も読まれてます。

TRAVEL JAPAN
国内旅行 記事一覧

屋久島雨の日の空気伊豆下田のきれいな海富士山の頂上ってどんなとこ?京都観光マップ京都 紅葉とライトアップ富士山周辺観光マップ北海道の知床の絶景箱根駒ケ岳で見る富士山

TRAVEL ABROAD
海外旅行 記事一覧

インド出張 タクシーで牛と遭遇スペインで風車を見たナイアガラの滝の虹が凄い深夜のNYタイムズスクエア香港の夜景は船からアメリカのレンタカー代でいくら?グランドキャニオンまでドライブシドニーの世界遺産
🔝上へ

CATEGORY
カテゴリ

📂ビジネス:外資系企業の転職,英語,面接,働き方

📂国内旅行:北海道,屋久島

📂旅行,出張:スペイン,インド,台湾.飛行機対策

📂健康:風邪予防,食,メンタル

📂子育て:英語,育て方,旅行

📂PC関連:エンジニアの苦悩,効率化,Windowsのトラブル対応

📂海外ドラマ:海外ドラマ・映画のレビューと感想

📂車関連:海外のレンタカー,試乗レポート,軽自動車,等々

PROFILE
プロフィール

これくらいブログKoReKuRaiです。神奈川県在住。外資系IT業界でお仕事続けて12年。現在、3歳児の子育てに奮闘中です。ビジネス英会話、転職、出張、旅行記や子育て、サイト作成やコーディングに色々役立つと思うブログを書き足していきます。拙い文章ですがよろしくお願いします。メールはこちらまでお願いします。

Copyright 2017 KoReKuRai All Rights Reserved.