KoReKuRai
   英語/転職   海外/国内旅行   健康   MENU

保存前に要確認!文字化けしたメモ帳のテキストファイルを修復し直す方法

itrelated

Windowsのメモ帳でテキストを保存する時が多々あります。 よく使っていると時々発生するのが文字化け。特に文字数が沢山あるときに発生しやすいです。

折角時間をかけてタイプしたのにもう一回書き直しなんてありえない。 なんとかファイルの文字化けを直す方法がないか試してみました。

 

スポンサーリンク

📄 MOST VIEWED

文字コードが肝心

文字化けしたテキストファイルを「名前を付けて保存」をしようとしたら、文字コードがUnicodeでした。 ということは、Unicodeの文字列が含まれているはず。でも、Unicodeを含む文字を入れた覚えがない。

ここで気をつけたいのが、文字コードをUnicodeからANSIに変更した場合、以下の警告メッセージが表示されます。


このファイルは、ANSIテキスト ファイルとして保存すると失われてしまうUnicode形式の文字を含んでいます。Unicodeの情報を保存するには、下の[キャンセル]をクリックし、[文字コード]から[Unicode]を選択してください。続行しますか?
itrelated

OKを選択してしまうと文字列の大部分がハテナに置き換わります。

itrelated

こうなってしまうともう修復不能です。私も1回間違えて文字コードを変更して保存してしまいました。

 

✅ PICK UP

 

保存する前にブラウザで確認を!

ハテナではなく、中国語みたいな漢字がいっぱいで文字化けしている場合は、修復可能です。 その文字化けしたテキストファイルを以下のようにブラウザの上にドラグアンドドロップすると正しく表示されます。

itrelated

ブラウザはInternet Explorer、Firefox、Chromeのどれでも正しい表示が出来ました。

表示できたテキストを全部選択しコピーすれば、後は別のメモ帳かMS Word等に貼り付けて完了です。

出来ない場合は、各ブラウザの表示エンコードをUTF-8に変更することで直るはずです。 (Chromeはエンコードの機能が無くなってしまったので、エンコードを使いたい場合は拡張機能を追加するしかないみたいです)

 

定期的に保存して内容の確認が大事

最近は、ファイルを保存する前に念のため一度テキストを別のメモ帳にコピペしてます。

保存した後にファイルを開いてもし文字化けしてたら、コピペしたテキストから修復できるので便利です。

万が一の備えとして、ファイルは保存して一旦閉じてから開けて内容の確認を頻繁にするよう心がけてます。 面倒臭いですが、時間かけて書いた内容が消えるよりましです。

 

スポンサーリンク

📄 関連記事


🔝上へ
スポンサーリンク

📄 月間ランキング



🔝上へ
こんな記事も読まれてます。

TRAVEL JAPAN
国内旅行 記事一覧

屋久島雨の日の空気伊豆下田のきれいな海富士山の頂上ってどんなとこ?京都観光マップ京都 紅葉とライトアップ富士山周辺観光マップ北海道の知床の絶景箱根駒ケ岳で見る富士山

TRAVEL ABROAD
海外旅行 記事一覧

インド出張 タクシーで牛と遭遇スペインで風車を見たナイアガラの滝の虹が凄い深夜のNYタイムズスクエア香港の夜景は船からアメリカのレンタカー代でいくら?グランドキャニオンまでドライブシドニーの世界遺産
🔝上へ

CATEGORY
カテゴリ

PROFILE
プロフィール

これくらいブログKoReKuRaiです。神奈川県在住。外資系IT業界でお仕事続けて12年。現在、3歳児の子育てに奮闘中です。ビジネス英会話、転職、出張、旅行記や子育て、サイト作成やコーディングに色々役立つと思うブログを書き足していきます。拙い文章ですがよろしくお願いします。メールはこちらまでお願いします。

Copyright 2017 KoReKuRai All Rights Reserved.