KoReKuRai
英語/転職海外/国内旅行健康MENU

腰痛に壁押し運動が効いた!すぐ良くなったのでストレッチ方法を紹介します!

clock
twitter
facebook
googleplus
line
line
line
kenkou

出張で重いカバンを持ったり、旅行先で重いリュックを背負ったりして長時間歩いたら腰が痛くなったことはありませんか?

私は重いリュックを背負って移動していたら、腰痛になりました。 普段のデスクワークとは違い、身体に負担をかけてしまったのかもしれません。

でも、壁押しをしてみたら腰痛がすぐに改善して、壁押し体操をした翌日から痛みは徐々に消えました。 壁押しってすごいですね。

自分が実践している運動方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

MOST VIEWED

壁押し方法

  1. 押しても倒れそうにない壁を見つける
  2. 見回して人がいないことを確認する
  3. 壁に両手をついて右足(又は左足)を曲げる
  4. 右足を曲げたら左足を伸ばす(足裏は地面につけたまま)
  5. 手足に力を入れて全身を使って壁を10秒間位押す
  6. 力を抜いて曲げる足を交代して、また壁を押す

下記の図を参考にしてください。壁を押すときはこのような姿勢で押してます。

kenkou

私の場合は1日3分位壁押しをしてました。翌日腰の調子が良くなっても2~3日は続けました。

今までは腰痛サポートのベルトを使ってみたり、マッサージチェアに座って腰を中心に揉み解したりしてましたが、すぐに腰痛は改善しませんでした。

整体院に行ったらその日の内に良くなりましたが、予約をし続けて通わないといけないのが手間な上、時間とお金がかかります。 でも壁押しだと、お金もかからず、自分の空いた時間とペースで続けられ、すぐに結果が出るので嬉しいです。

個人差はあると思いますが、壁押しはやってみて損はないと思います。

 

PICK UP

 

腰痛が酷い時は整体院へ

軽度の腰痛の時は壁押しだけで大丈夫ですが、痛くて立ち上がれない時や歩けない時等は無理をせず病院に行くべきです。 私もすごい痛い時があって、その時は整体院の予約を取りました。

整体師さんにもよりますが、優しい人だと腰痛の原因と思われるところについて丁寧に説明してくれて、さらに腰痛に効く運動方法を教えてくれたりします。

教えてもらった方法の1つに、壁押しに近い身体の使い方をする運動もありました。自分にあった運動方法をそこで教えてもらうのも良いかもしれません。

 結局、腰痛を防ぐには結局自分の身体に合った運動方法を見つけて、それを続けるしかないようです。

 

最後に

腰に負担がかかる作業をした時の腰痛は、今のところ、壁押しで改善しています。腰がすごく痛くなるようなことは無くなりました。

でも、毎日運動を続けないと、大きな負担がかかった時が大変です。 習慣的に運動をして筋力をつけることが大事なんですね。

 

※免責事項

当方は医療関係の人間ではないので、壁押し運動によって何か副作用が出たり腰痛が悪化しても一切責任を負えません。 この記事は個人が実践した感想で、結果として腰痛が改善できたことを紹介しています。 場合によっては壁押し運動により腰痛が改善できない場合があると思いますので、 運動する前には必ず医師や整体師とご相談の上で実践するようお願いいたします。

 

スポンサーリンク

関連記事


twitter
facebook
googleplus
line
line
line
上へ
スポンサーリンク

月間ランキング



上へ
こんな記事も読まれてます。

TRAVEL JAPAN
国内旅行 記事一覧

屋久島の雨の日の空気ががおいしい伊豆下田の海はとてもきれいでした富士山の頂上でご来光スマホで見れる京都の観光マップです京都 紅葉とライトアップスマホで見れる富士山周辺観光マップ北海道の知床の絶景

TRAVEL ABROAD
海外旅行 記事一覧

インドのバンガロールに出張した時、タクシーで牛と併走しましたスペインのラマンチャで見る風車がデカかったアメリカからバスでカナダのナイアガラの滝で虹が見れて感動しました!深夜のNYタイムズスクエア香港の夜景は船からアメリカのレンタカー代でいくら?グランドキャニオンまでドライブ

JOBS
お仕事 記事一覧

外資系企業に転職するエンジニアの苦悩TOEICの点数 重要だよね外資系企業 面接対等
上へ

CATEGORY
カテゴリ

PROFILE
プロフィール

これくらいブログKoReKuRaiです。神奈川県在住。外資系IT業界でお仕事続けて12年。現在、3歳児の子育てに奮闘中です。ビジネス英会話、転職、出張、旅行記や子育て、サイト作成やコーディングに色々役立つと思うブログを書き足していきます。拙い文章ですがよろしくお願いします。メールはこちらまでお願いします。

Copyright 2017 KoReKuRai All Rights Reserved.